リザーブドプラン
キャッシング用語解説


[金利]
融資を受けた金額に対する利子。
金利の率は各社によって違いますが、国内の法律(出資法)により、年率29.2%が上限金利となっています。
それ以上の金利で営業しているところは違法になります。

[滞納]
指定日までに返済されない事を滞納といいます。
滞納すると1日ごとに遅延損害金が発生します。

[遅延損害金(延滞損害金)]
毎月の返済指定日までに指定返済金額を返済しなければ、ペナルティー金が発生します。

[一本化]
多数の金融会社より融資を受けている方で他社からの借入金額相当分を融資し、そのお金で他社の返済に当てる。
融資を1社にまとめる事です。これは、悪質なケースもあるため注意が必要です。

[過払い請求]
利息制限法の上限(年15〜20%)より高い金利計算で支払ったお金を、消費者金融など金融業者から返金してもらうことです。
2006年1月に最高裁で返還命令が下されて以来、全国で活発化しています。

[貸出金利(貸付金利)]
金銭消費貸借契約における利息の発生割合のこと。
金利水準を示す方法は、日歩表示、アドオン表示、利息天引きなどさまざまな方法がありますが法律では実質年率を用いることが義務づけられています。

[上限金利]
法律で定められている金利水準の上限のこと。
民法の特別法である利息制限法で、上限金利を融資金額100万円以上は年15%、10万円以上100万円未満は年18 %、10万円未満は年20%と定めています。

[短期金利]
取引を行うとき1年未満の期間に適用される金利のことです。

[制限金利]
年109.5%を超える利息の貸付契約は無効 貸金業規制法第42条の2で109.5%を超える利息での貸付契約は無効。債務者は利息を一切支払う必要はありません。
借りた「元本」は、通常は貸し主に返還する必要がありますが業者の行為が悪質な場合は貸し付け自体が公序良俗に反し、元本を返還する必要がないと判断されることもあります。

[固定型金利]
ローンを組む時に決められた金利が返済終了まで続く金利のことです。
金利が固定の為、低金利時にローンを組むと将来的に金利上昇時のリスクを軽減できます。
金利が下降した場合は金利負担が大きくなります。

[変動型金利]
市場金利の動向によって、返済途中での金利が変動する金利設定のことです。
年に2回金利の見直し返済額の変更は5年に1度行われます。
(返済額の増加は最大25%以内)

[約定金利(約定利率)]
出資法、利息制限法の制限のなか当事者間の契約により定められる利率のことです。
当事者間の契約がある場合は約定金利(約定利率)が適用され利率の約定がない場合は法定利率が適用されます。

[実質年率]
借入れ金と支払い利息以外の手数料の合計額を年間の金利で表したもの。

リザーブドプランTOP


リザーブドプラン案内